患者の権利
 患者が医療を受ける場合、時として専門的な治療を施す医師との関係で従属的な立場におかれたり、お任せ医療に陥ったりして、人間性が十分に尊重されないことがあります。
 個別的な医療関係において患者自身の主体性を強調するという観点から、患者の人格が尊重されるとともに、患者が自らの意思と選択のもとに最善の医療を受けることができるという、患者としての権利を、特に
「患者の権利」と言っています。
 患者の権利の重要性、根拠については、「患者の権利法をつくる会」の「患者の諸権利を定める法律要綱案」の前文で、次のように述べています。
 「すべての人は自己及び家族の健康及び福祉に十分な生活水準を保持し、到達可能な最高水準の身体及び精神の健康を享受する権利を有している。(世界人権宣言、国際人権規約)
 日本国憲法は『生命、自由および幸福追求に対する国民の権利について最大の尊重を表明するとともに、すべての国民が健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有することを確認し、国が、すべての生活部面において社会福祉、社会保障および公衆衛生の向上および増進に努めるべき義務』を有することを宣明した。
 医療は、人々の健康に生きる権利の実現に奉仕するものであり、何よりも人間の尊厳を旨とし、科学性、安全性をそなえるとともに、患者の主体性を尊重し、できる限り開かれたものでなければならない。」
 患者の権利の具体的内容については、次のような国際的な宣言でも述べられています。
1 人間として尊重される権利 
2 自己決定の権利
3 身体及び精神の不可侵性の権利及び身体の安全を保障される権利
4 プライバシーを尊重される権利
5 道徳的及び文化的価値観、並びに宗教的及び思想的信条を尊重される権利
6 疾病の予防及び保健医療に対する適切な措置によって健康を保持される権利、及び、
 達成可能な最高水準の健康を追求する機会を持つ権利
*患者の権利に関する<改訂>リスボン宣言(1995年9月)
1 良質の医療行為を受ける権利
2 選択の自由の権利
3 自己決定の権利
4 情報に対する権利
5 秘密保持の権利
6 保健教育を受ける権利
7 尊厳の権利
8 宗教的な援助を受ける権利
*前記の「患者の諸権利を定める法律要綱案」にも患者の権利の内容が具体的に定められ
 ています。(患者の権利法
 当会は、患者が自ら主体として行動することによってこれらの権利を保持し医療従事者もこれらの権利の実現に努めることが重要であり、そうすることがより良い医療の実現につながると考えています。