医療ソーシャルワーカー

 医療ソーシャルワーカー(Medical Social Worker[MSW])とは、保健医療の現場に
おいて、患者の立場に立って、患者の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決調整を援助し、社会復帰の促進を図る人たちです。
 具体的には次のような業務があります。(平成14年11月29日厚生労働省保健局長通知「医療ソーシャルワーカー業務指針」)

(1) 療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
 入院、入院外を問わず、患者・家族からの相談に応じ、解決、調整に必要な援助を行いま
 す。
(2) 退院援助
 退院・退所後の選択肢を説明し、相談に応じるなどの援助を行います。
(3) 社会復帰援助
 退院・退所後の社会復帰が円滑に進むように援助します。
(4) 受診・受療援助
 患者・家族等に対する受診、受療の援助を行います。
(5) 経済的問題の解決、調整援助
 患者が医療費、生活費に困っている場合に、社会福祉、社会保険等の機関と連携を図りな
 がら、福祉、保険等関係諸制度を活用できるように援助します。
(6) 地域活動
 患者のニーズに合致したサービスが地域において提供されるよう、関係機関、関係職種等
 と連携し、地域の保健医療福祉システムづくりに参画します。

 医療ソーシャルワーカーは、患者・家族の事情、悩み、要望等が個別のものであることに留意し、患者の主体性を尊重し、プライバシーを保護しながら上記の援助等を行います。また、他の保健医療スタッフや地域の関係機関と連携して援助する場合もあります。

 多くの病院では患者相談担当部門に医療ソーシャルワーカーがいます。傷病等から生じる生活の悩みや経済的問題等がある場合、遠慮なく、あなたの実情を説明して、前述の援助を求めて下さい。