ADRについて

 ADR(Alternative Dispute Resolution)とは裁判外の紛争解決のことをいいます。裁判外の解決とは裁判手続以外での解決の意味です。後述のADR法では、「訴訟手続によらずに民事上の紛争の解決をしようとする紛争当事者のため、公正な第三者が関与して、その解決を図る手続き」と定義されています。
 紛争を解決する手段としては裁判による解決があります。しかし、裁判は基本的に一方が勝ち他方が負けるものです。ですから、紛争当事者全員にとって良い解決が図られるわけではありません。また、たとえ勝っても、裁判には時間も費用も労力もかかります。勝ったときには疲弊しきっているという可能性もあります。
 ADRという考え方は以前からありました。しかし、裁判外紛争解決手続の利用促進に関する法律(通称ADR法)が2004年12月1日に制定(2007年4月1日施行)されたことから、弊害もある裁判一辺倒の解決以外の紛争解決手段として大きな注目を集めるようになってきました。
 1994年WHO(世界保健機関)が採択した「ヨーロッパにおける患者の権利の促進に関する宣言」の6.5でも、患者が不服申立をできなければいけないと述べた上で裁判所での救済手続以外に不服申立等を受ける機構が作られるべきとされています。
 医療に関する苦情については、おおむね次のような裁判外紛争解決が考えられます。
 1 患者・家族の相談にのり、苦情解決を支援する組織
 2 医療・福祉施設自身が患者の苦情などに対応する部署などを設けて、現場での解決を図るシステム
 3 医療・福祉施設の対応に納得できない患者の苦情を受け付け、公正な第三者として調査点検し、勧告などを行う組織
 1 は、各都道府県に設置されている医療安全支援センターが代表的なものです。
 2 に関しては、特定機能病院と臨床研修指定病院に患者相談窓口の設置が義務づけられ、平成18年の医療法改正ですべての医療機関で患者相談窓口の設置に努めなければならないとされたことから、最近では患者相談窓口を設置する病院が多くなりました。また、医療事故においても東京女子医科大学で院内ADRによって病院と家族が和解に至ったケースもあります。
 3 にあたるものが、私たち患者の権利オンブズマンの活動です。患者の権利オンブズマン東京では、医療・福祉分野における苦情相談を受ける相談事業や、同行支援事業、調査点検事業を行っています。詳しくは当会のホームページを参照下さい。
 
 ヨーロッパにおける患者の権利の促進に関する宣言
 http://www.patient-rights.or.jp/shiryou1.htm

 
 
患者の権利オンブズマン東京ホームページ
 http://www.kanja-kenri.com/index.html